星を見て涙した妻のトリップの申し立てを聞きました。

いつも思います。星は美麗ですなと。そんな時に思いだすことがあります。学生時代に航海のたぐいにいた乙女の話です。私もおんなじたぐいに入っていました。家内は、女生徒最後の歳、みずから航海に出ました。居場所はネパールでした。家内は独力航海を決断しました。およそ様座なことを調べたのでしょう。セキュリティー帰ってきた家内のインフォメーション会が開かれました。様々な事態、新しい発見、たくさんのことを話しました。そして涙を流したと言ったのです。涙を流したのは静かな標高の大きい通りでの仕事場だったそうです。満天の星を家内は仰ぎ見ました。もう一度そこに手の届くところに星があるように思えたそうです。あまりの美しさに家内の牛乳は震えたそうです。そして涙があふれて来たと。私たちの心にも湧き上がって現れるものがありました。しかし、それを正に見たのは家内だ。その星々に感動できたのは家内だ。ここに「航海」の原点があるのではないでしょうか。家内は自分の目で見て、その星を家内の眼でじかに見て、大きな感動を受けたのですから。ミュゼ 300円 脱毛

これ何年も良い歌を聞いたことがない気がする

色々なスポットで目新しいアーティストが作った曲を耳にします。TVだったり、ラジオだったり。そこで想うのはさすが現代が変わったのかなあ、という印象です。思えば紅白歌合戦も大層年頃差し替えと言いますか、若いアーティストが数多く臨めるようになりました。タレントは幾らか出すぎのような感想もしますが、逆に言えばタレントと同じくらい注目なアーティストが少ないという事でもあるのでしょう。
ミュージックを聴く雰囲気というのはオンラインやタブレットの浸透によって全くひろがりました。そして、安価でミュージックを聴くことができるようになってもしかしたら頭脳があっても「どうにかミュージックで食べて行くことは厳しい」と判断してやめておるういういしいほうが多いような気持ちも決める。
しかし、このフィールドで頭脳のいるヤツはほおっておいても勝手に曲を作ったり歌ったりするものです。より本物が出てきそうな望みもあります。そういえば、こっち何年も心にしみる宜しい歌を聞いたことはないかもしれません。酵素 一番痩せる